スポンサーサイト
--.--.-- (--:--) スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『羊たちの沈黙』 トマス・ハリス
2009.01.28 (22:51) 本、漫画trackback(0)comment(0)
羊たちの沈黙羊たちの沈黙
(1989/09)
菊池 光トマス ハリス

商品詳細を見る

タイトルに『羊』が入っているから読んだ訳ではありませんが…。たしか映画が公開されるのと同時期に読書。FBIの訓練生クラリス(映画ではジョディ・フォスター)が抱えるトラウマとそこから発生する使命感がとても説得力があってグッときます。クラリスの中にあるソレを見抜くレクター博士も恐い。映画ではあまり触れられていないクロフォードの私生活やクラリスとの関係が小説には描かれていますが、映画ではやはりクロフォードの件はなくて正解だと思いました。クラリスとレクター博士の関係性に的を絞って描かれた映画は傑作、だなと。私の好きな小説&映画でした。
スポンサーサイト
prevhome next












トラックバックURL
→http://kirokusuru.blog86.fc2.com/tb.php/84-ea98816f
home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。