スポンサーサイト
--.--.-- (--:--) スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ペット・セマタリー』スティーヴン キング
2009.04.16 (23:15) 本、漫画trackback(1)comment(0)
ペット・セマタリー〈下〉 (文春文庫)ペット・セマタリー〈下〉 (文春文庫)
(1989/08)
スティーヴン キングStephen King

商品詳細を見る

89年に映画化されホラー映画に区分されていますが、描かれているのは愛する者を突然失った時の壮絶な喪失感。それ故に犯す愚かな過ちでした。原作を読んで号泣したのを覚えてます。あまりにすんなりと感情移入できるので恐さや哀しさを通り越して激痛読書。主人公が愚かな選択をしてしまう過程が理解できすぎる…。例えば火葬ならば、否応無く未練を断ち切る事ができるのかもしれないな、とか思ったりして。
スポンサーサイト
prevhome next












トラックバックURL
→http://kirokusuru.blog86.fc2.com/tb.php/166-b5f0f91e
ペット・セマタリー〈下〉
2009.07.05 (13:43)+ 忍者大好きいななさむ書房
ペット・セマタリー〈下〉
home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。